今治フェイスタオルの魅力について

今治フェイスタオルは明治27年から始まり以降から110年以上にわたって伝統の製法で作られ続けてきた最高品質のタオルです。

もともと今治は硬度が低く不純物が少ない豊富な水資源を背景としてタオルの生産量日本一を誇ってきました。また瀬戸内海に面していることから温暖な気候に恵まれやすいことから高品質のタオルを生産する上で適した環境が整っていたのです。

今治フェイスタオルは先晒し先染めと呼ばれる独自の製法によりタオル本来の持つ吸水性を高めてきました。今治フェイスタオルは水に浮かべたときに5秒以内に完全に吸水し沈むことができるかどうかという独自の基準を設定しており、これにクリアしなければ今治のタオルと認定されることはありません。

ひとくちにタオルといっても様々で素材や染め方、大きさ、織り方などによって大きく異なってきます。そのなかで今治フェイスタオルは最高級のタオルとして汎用性に富み慣れ親しんだサイズのもとでお使いいただくことができます。

良く水を吸い良く乾くことを特徴としており、洗濯時には柔軟剤を使用せずとも綿が本来持っている柔らかさを実現することができます。さらには一般的なタオルは洗濯するごとに毛羽が抜け落ちてしまい柔らかさを失ってしまいますが、今治フェイスタオルならば脱毛に関して厳しい基準を設けているためいつまでも使い勝手が良く安心して使用し続けることが可能です。

また色も落ちにくいため購入時と同等の基準でいつまでもお使いいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です