今治フェイスタオルの特徴

今治フェイスタオルは主に愛媛県北部で生産されているタオルです。

120年の歴史を持っており、今治は国内最大規模のタオル産地とされています。今治はタオルの生産においてうってつけと言えるポイントがあります。それは水です。

今治のタオル産地には高縄山系を源流とする蒼社用の伏流水や霊峰石鎚山から流れ出す地下水などが流れています。これらの水は非常に重金属が少なく硬度成分も低くなっているため、晒したり染めたりするには適しています。

この軟水を用いてタオルを生産することで優しい仕上がりを実現したのが今治フェイスタオルです。今治フェイスタオルは伝統を守りつつ、染色レベルを向上させることで進化しています。四国の今治では八十八ケ所の寺を巡るお遍路の人々をもてなす習慣がありました。

このように人をもてなす気風や風土、伝統が今治の地にあるためそれがタオルの生産にも活かされていると言われています。今治フェイスタオルは使い勝手の良さを追求したタオルでもあります。

どういった用途で使用するのか、タオルを持つ理由は何なのかを踏まえた上で生産が行われています。優位性を引き出すために手間暇をかけることを厭わないのも大きな特徴です。

昨今では環境負荷が少ないことにも配慮し、環境に優しいタオルづくりが目指されています。今治フェイスタオルは洗わなくても使い始めから水を吸うタオルと定めています。これがべとつきにくい特徴に繋がっているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です